漫画ヴィンランドサガ第35話あらすじとレビュー

前回のあらすじはこちらから

前回、仲間に裏切られたアシェラッドは、ドルフィンに王子を逃がすように指示し1人戦うことになったわけですが、そこに後を追ってていたトールズがついに追いついてきました。

第35話 両軍接触

小競り合いをしていたアシェラッド達のもとに、トールズが率いる軍が追いついた裏切り者の首謀者のトルグリムはトールズに交渉をしようと話しかけるが相手にもされない。

トールズはアシェラッドに話しかけ、トルフィンがここにいない事を知ると、アシェラッド以外は殺しても良いと部下達に命じてしまう。

一方的に殺されていくトルグリム達ヴァイキング兵の元にトルフィンが戻ってきて、アシェラッドを解放するようにいうがトールズがそれに従うはずがないわけで、ここでアシェラッドをかけたトルフィンとトールズとの一騎打ちが始まる。

トールズ軍がとうとう追いついてしまいました。味方に裏切られたアシェラッドと、トルフィンはどうなってしまうのでしょうか。

圧倒的な戦闘能力を持っているトールズにアシェラッドはどのようにして一騎打ちを乗り切るのか第5巻はこれで終了です。

次回から第6巻第36話が始まります。