追いつくトルケル裏切られるアシェラッド 漫画ヴィンランドサガ第32話あらすじとレビュー



ラグナルが死に、沈み込むクヌートをだったがアシェラッド達はトルケルに居場所がバレてしまい、こちらに進軍していることがわかりました。アシェラッドの運が尽きたと見放してしまうヴァイキング達も現れながらも村から脱出するのでした。

第32話 逃亡兵団

アシェラッドから別れてトルケルに下ろうとしたヴァイキング兵達を戦わずに下ろうとするクズはいらないと容赦なく斬っていくトルケル。死んでいく兵達の言葉から首領の名前がアシェラッドである事を知る。

一方アシェラッド達はセヴァーン川上流まで進んでいたが、橋を渡るのに時間がかかっていた。アシェラッドは橋を壊すように命じながらヴァイキング達の様子を眺めて、ビョルンとトルフィンを呼び寄せた。

アシェラッドは2人をクヌートが乗る馬車に同乗するように言い、ビョルンは他の兵達が裏切ろうとしている事をアシェラッドから聞かされる。橋の破壊工作が終わり移動を始めようとした時、遠く丘の向こうからトルケル軍が現れ、アシェラッド達を捕捉した…

運の尽きた首領とみなされたアシェラッドを次々と去っていくヴァイキング兵達と、それをそれをクズと切り捨てていくトルケル、残った兵もトルケル側へ行こうとしていますが結局殺されてしまうのでしょうね。

裏切りに気付いているアシェラッドは先手を取ってクヌートを逃す準備に入りましたがトルケルの登場にどうなっていくのでしょうか。それでは今回はこの辺りで。