ヴァイキング漫画【ヴィンランドサガ】トールズが強すぎる第12話あらすじとレビュー




前回のヴィンランドサガはこちらから

どうも小野路です。前回のヴィンランドサガはトールズの娘ユルヴァが産まれた時のことが語られ、その時からトールズが戦場に行くことが怖くなったという。

フェロー諸島についたトールズ一行は奥に見える村に異変を感じ、引き返そうとしますがアシェラッドの罠にかかり出口が塞がれてしまいました。

第12話 化け物以上

狂戦士のキノコを食べたビョルンの乗る船に乗り込んだトールズは、襲いかかってくるヴァイキング達を武器を使わず一方的に叩きのめしていきながら船を制圧して行く。

ビョルンはキノコの効能で暴走状態になり、仲間達を巻き込みながらトールズに襲いかかるが、トールズはそれすらも剣を使わず素手でのしてしまう。

一方アシェラッドの乗った船は、村人が乗る船に桟橋を掛け攻め込もうとしていた。

村人も戦う覚悟をした時、船に掛けられた桟橋にビョルンが飛び込んできた…

今回はトールズの一人無双状態でした。武器も使わずにヴァイキング達を倒していき、海に落ちたヴァイキングにオールを投げ渡して助ける余裕までありました。

狂戦士のキノコを食べたビョルンを倒す際も圧倒的で二つ名の戦鬼が本物であることがわかります。ビョルンを倒しアシェラッドと対峙することとなったトールズは引くように言い放ちました。

今回はここまでです。アシェラッドとの戦いが始まりそうな次回を読み進めていきます。

 

次回のヴィンランドサガはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です