転スラ牙狼族との戦い・アニメ【転生したらスライムだった件】第3話あらすじとレビュー




どうも小野路です。
前回の転スラは、暴風竜ヴェルドラを無限牢獄から解放するために、一度捕食をして大賢者のスキルを使って解析をするように持ちかけ、体内に取り込むことになりました。その際に互いにスライムはファミリーネームをヴェルドラはスライムの名前をつけることとなり、スライムはリムル・テンペスト。ヴェルドラはヴェルドラ・テンペストとなりました。

前回の詳しいあらすじとレビューは暴風竜と友達に【転生したらスライムだった件】第2話あらすじとレビュー

第3話 ゴブリン村での戦い

ゴブリン村へ招かれたリムルは牙狼族に襲われているゴブリン達を助けることになった。まず手始めに牙狼族によって傷ついたゴブリン達を、洞窟で溜め込んでいた回復薬で治してく。

夜になり牙狼族の群れがゴブリン村に攻めてきた。リムルは罠を張り襲いかかる群れを次々に倒して行き、牙狼族のボスを倒し捕食してしまう。
牙狼族の擬態スキルを手に入れたリムルは牙狼族全てを手懐けてしまう。大きな戦いが起こることもなくゴブリンと牙狼族の服従を得たリムルはまず、それぞれに名前を付けていくこととする。
しかし魔物に名前を授けることは自身の魔素を消費するという事を知らずに、次々に名前を与えて行き魔素が尽きてしまい休眠状態になってしまう…

名前を与える事で名持ちの魔物になって進化して、外見から全く別物になってしまった村長と牙狼族のリーダーだった嵐牙、そのほかのゴブリンもホブゴブリンになってしまうというなかなか面白い展開になってきました。次回はドワーフにも会いにいくようでどのような展開になるのか次回を待ちます。