転生したらスライムなった?アニメ転生したらスライムだった件あらすじとレビュー



どうも小野路です。
新番組の季節になってきて番組表を見ていて変な題名のアニメがあったのでとりあえず見てみる事にしました。それで題名はというと、

【転生したらスライムだった件】

とかいうものです。ここ最近の流行りというのか、要は主人公が現世で死んで何かに転生するという物語のようですが、それがこのアニメではスライムのようです。
それでは第1話見ていきます。

第1話 暴風竜ヴェルドラ

主人公は37歳の男で、その日後輩から相談を持ちかけられて会いに行ったものの、彼女を紹介され、ご飯を一緒に食べに行く途中で、通り魔にナイフで刺されてしまい命を落としてしまう。

息をひき取る間際どこからか声が聞こえてきて何やら様々なスキルを獲得して行く。

次に目を覚ますと元の体はなくなり、スライムになっていた。

それから数日何するでもなく、草を食べていると死ぬ間際に聞こえた声がまた聞こえてきた。その声によると捕食者というスキルによって、体内に取り込んだモノを解析して貯蔵できるようで、食べていた草は薬草の原料になる植物ということがわかり、転生した洞窟には沢山生えているから、やる事も思いつかないスライムは洞窟内の珍しいと植物や鉱石を食べ尽くして行った。

捕食中に池に落ちてしまい、脱出した先で声をかけてくる者がいて目が見えないスライムに、出した条件を飲むのなら目を見えるようにしてやると言われる。スライムはそれを受け、魔力感知の能力を手に入れる。

目の見えるようになったスライムは早速、声の元に行くとそこには巨大なドラゴンがいた。
ドラゴンは暴風竜ヴェルドラと名乗り、この世に4体だけ存在する竜種の1体だという…

300年間封印されていた暴風竜ヴェルドラはずっと一人で暇だったらしく話し相手が欲しかったみたいで、スライムは友達になろうと言いツンデレみたいな反応されながら、二人は友達になったわけだけど、ヴェルドラいいキャラだったな。容姿や声と仕草のギャップに笑ってしまいました。

この世界には転生者や召喚者、異世界人と色々なキャラが出てきそうなストーリーで先が楽しみです。それではこの辺で。

 

次回の転スラのあらすじとレビューは暴風竜と友達に【転生したらスライムだった件】第2話あらすじとレビュー