端正な折り紙のトリケラトプスを折ってみました




子供の願いに応えて購入した折り紙の折り方本、[端正な折り紙]の最初に載っていた折り方はジャンルが古代生物のトリケラトプスでした。

この本によると難易度は2と比較的簡単な方のようです。山口真さんの作品となっています。

使う折り紙は1枚で今回は15cm四方の折り紙を使って折っていきました。

で、出来上がったのがこちら

二頭身のトリケラトプス。始めてにしてはうまく折れたのではないでしょうか。難易度も低いのでわかりやすいし簡単に折れました。

ただ、問題が一つあります。このトリケラトプス、顎をノートに乗せていますが、外すと

こんな感じに頭が重たいのか、胴体を短く作ってしまったのか、逆立ちしてしまいます。この辺の調整は何度か折って練習するしかないですね。

見た目も可愛らしくて息子もツノの恐竜だと喜んでいました。

今回の折り紙

トリケラトプス

作:山口 真

難易度:2