兵庫県マンホールカードを集めよう福崎町



福崎町のマンホールカード

福崎町のマンホールカードは2019年にJR福崎駅の整備の完成を記念して設置されたマンホールのデザインをマンホールカードにして配布が開始しました。

福崎町は柳田國男という民俗学者の故郷で、作品の1つ[妖怪談義]に出てくる妖怪で町おこしなどをしています。カードのカッパは[故郷七十年]という作品に出てくるカッパをモチーフにしています。ゆるキャラの容姿のカッパは福ちゃんとサキちゃんで、デフォルメされていないカッパはガジロウという名前です。

名産品のもち麦やJRの播但線、七種の滝といったものが描かれています。

配布場所はどこ?

マンホールカードがもらえる場所は、福崎町役場上下水道課と福崎駅にできた観光交流センターでももらう事ができました。

役場は8:30〜17:15まで対応してくれるようです。観光交流センターは9:00〜20:00まで開いているとのこと。

福崎町の妖怪

観光交流センター前の広場にはガジロウが水の中から浮き上がってきて出迎えてくれますよ。

他にも町中の商店の前に、様々な妖怪が置かれています。また、柳田國男記念館には多くの妖怪のオブジェが置かれています。最近見られる妖怪ウォッチの様な可愛いものではなくリアルな感じの妖怪が多数用意されています。

無料で観覧する事ができますので、近くに寄った時は見てみるのも面白いですよ。

兵庫県のマンホールカードのまとめはこちらから

兵庫県マンホールカードまとめ