魔法少女系ダークファンタジーの金字塔、魔法少女まどか☆マギカレビュー

魔法少女アニメとして2011年に放送され、これまでの魔法少女とは一線を画すアニメとして人気が出た魔法少女まどか☆マギカですが、私は魔法少女系のアニメに興味も無く今に至る訳ですが動画配信サイトなどのレビューを読んで興味を持ち、一度見る事にしてみました。

第1話 夢の中で遭ったような…

鹿目まどか(以下まどか)はある日不思議な夢を見た。

世界は破壊され、空には君の悪いものが浮いている。そこに黒髪の少女が現れて空の何かと戦い始めた。

まどかは意味もわからずにその光景を眺めていると。

隣りに現れた獣が、結末を変える為に契約して魔法少女になってよと言う。

そこで目が覚めた。

学校に登校するとその日、同じクラスに転校生がやって来た。

暁美ほむら(以下ほむら)と紹介されると彼女はまどかを睨みつけた。

まどかも彼女が夢の中に出て来た少女に似ていると思う。

ほむらは保健室に連れて行くように保健委員のまどかを促して二人で教室を出た。

まどかはどうして紹介もしていないのに自分が保健委員なのだと知っているのか訳もわからず転校して来たばかりなのに迷いなく先を歩くほむらに付いていくだけである。

まどかはほむらに話しかけるがほむらは何かを我慢しているようにも見える。

唐突にほむらは振り返ると家族や友達が大切なら違う自分になろうとするなと言われる。

意味もわからずに戸惑うまどか。

放課後、友達の美樹さやか(以下さやか)と二人で買い物に出かけていると、助けてという声が唐突に聞こえた。まどかは声のする方へ向かっていくと、怪我をした獣が見つかった。

獣を助けようとすると、ほむらが現れて獣を渡せと言ってくる。

さやかの助けもあり二人は獣を連れて逃げていると、世界が急に変わり始めた。

ホラーな絵本の世界のような世界に危険を感じ始めた二人に、知らない少女が現れて魔法少女に変身して表れていた気味の悪いものを一掃した。

治療された獣はキュウベぇと名乗り、二人に向かって契約して魔法少女になってよという。

初見でもありますが第1話を見て、伏線的なものはちらほら見受けられますね。

冒頭の夢の世界やほむらが転校して来たばかりなのに色々と詳しそうだったりと、これからわかっていくのでしょうか。

主人公であるまどかが1話目で魔法少女にならないのは意外でした。

さて、これからどうなって行くのか楽しみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です